minecraft mod紹介  「Biosphere」 ~ まいんくらふとにっき

minecraft mod紹介 「Biosphere」

bs1.png 四角い世界を丸くする

今回紹介するmodはRisugami氏制作の「biosphere」です。
このmodを導入することによって、World Typeに Biospheres が追加されます。

bs2.png


それでは球体世界を見てみましょう。

bs3.jpg
草原
草に覆われた平坦なバイオーム。数メートル程度の高低差と、たまに小山がある程度の地形が広がる。
芝生によって構築されているが、樹木はほとんど存在しない。
雑草と花が他バイオームよりも多数生息している。


bs4.jpg
砂漠
砂に覆われたバイオーム。枯れ木とサボテンを見ることができる。
高さ数メートルの砂丘で主に構築されている。たまに小高い山がある。
水たまりがある場合、サトウキビが生えていることもある。
芝生が存在しないため、基本的に動物はスポーンしない。
このバイオーム内では、雨や雷が一切降らない。


bs5.jpg
タイガ
寒帯風の樹林。松の木が沢山生えている。
松の木がメインに生えているほかは森とほぼ同じ地形。
オオカミは、このバイオームで多数出現する。
製品版ver.1.1から雪が降るようになり、水源は凍る。


bs6.jpg
ジャングル
Ver1.2.1で追加されたバイオーム。熱帯雨林風の樹林。
このバイオームには特有の木が生えている。
原木1個しか無い低木や、木の幹の直径が2*2・高さ20mに届く巨大樹が存在する。
樹木の密度がとても高く、地表を覆うほどに葉ブロックが生え繁っている。
さらにツタは木の幹以外に、壁面や洞窟内部にまで生えていることがある。
シダや山猫はこのバイオーム内でのみ出現する。
整地厨最大の敵である。


bs7.jpg
キノコ群生地
キノコが大量に生息し、巨大なキノコも点在する。
キノコが寄生している牛、キノコ牛(Mooshroom)が出現する。
キノコ牛以外のMobはスポーンせず、洞窟などの中や夜になってもモンスターが出没しない仕様。
菌糸ブロックで覆われ、この上ではキノコが日光や光源で消えてしまうことはない。
菌糸ブロックはシルクタッチなしで壊すと通常の土になる。


bs8.png
ネザー
危険な場所
誰かがポータルを開きっぱなしで放置していたからか
ガストやゾンビピッグマンなどがやりたい放題している。
特にいいものも無いので近づかないほうがいいです。

(バイオーム解説はwikiから引用)


というように、普段あまり見ることのないキノコバイオームや
あまり見ないほうがいいネザーの球体も生成されます。

更に空中にも石の球体が生成され、そこでは貴重な鉱石を容易に得ることができます。

bs9.png


しかしこのmod、構造上というか性質上というか
村や要塞が生成されないのです(坑道はあるかもしれません)。
その点には注意してください。

このmodに興味が出た人は →ダウンロード

前提modは Modloader (Biosphereと同じページにあります)


それでは良い球体ライフを(^p^)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Re:minecraft mod紹介 「Biosphere」
このBiosphereだと砂利・粘土がないんですよねぇ・・・
[ 6725 : 2013/10/03 16:53 ] [ 編集 ]
Re:minecraft mod紹介 「Biosphere」
バイオーム追加modとかとも相性悪いのな・・・
砂糖バイオームが生成されねぇ・・・
[ 11521 : 2014/05/21 12:06 ] [ 編集 ]
香川県ルーちゃん餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の大けがを負わせた犯罪企業
[ 29056 : 2016/10/11 11:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL